ゴールドの意味とは?

ゴールド(金色)

ゴールドというと、金=富の象徴をイメージします。

全て満ち足りているという感じを受けます。


とても眩しく、周りの色よりも一段と輝いています。


このゴールドという色は、どんな意味があるのでしょうか?

 

色の意味 色のキーワード :

幸福感で包む色

ゴールドは、幸福感を与えます。

ゴールドの色を見たり、身に着けたりすることは、今の自分を認め、自分と他者の過去の過ちを許して、今あるものの豊かさに気づく助けになるでしょう。


そして、ゴールドは、体に不要なものを払いのける働きをします。

例えば、”うつな気分”や”不安な気持ち”を払い、”自己を否定する心”を消して、心理的なプレッシャーを払いのける力を与えていくのがゴールドの作用です。


また、ゴールドは、カラーセラピーにおいては、痒みを緩和したいときや、痛みを和らげたいとき、下痢や便秘に悩んでいるとき、免疫の機能がバランス良く働くようにしたいときにも使われることがあります。

これらはバラバラに感じられるかもしれませんが、すべて”救済”を意味することなのです。